小貫鍼灸院 JR埼京川越線南古谷駅から徒歩1分 鍼灸専門

menu

小貫鍼灸院

新型コロナウィルスCovid-19 について

最新の投稿が謹賀新年、、、これはいつものこととして、、、

埼玉県川越市や富士見市などでも新型コロナウィルス陽性のニュースが流れて来ました。
当院で行なっている対応を記載しておくべきかと思いましたので久しぶりに投稿いたします。

当院では、常時換気(トイレや治療室)を行なっております。
顔などが触れる部分のタオルなどは患者様ごとに取り替えております。

今回のウィルスは空気感染の報告はありません。
エアロゾル、ようするに咳などの飛沫による感染と報道されています。
また、RNAウィルスなのでアルコールによる消毒が効果あります。

マスクについて
一般的な使い捨てマスクによるウィルス対策効果はほぼありません。
マスクの網目よりもウィルスが小さいためです。
しかしながら、飛沫を捉えることはできますので症状が出ていて咳をしている方が使用する意味はあります。

と、一般的な報道にあるのは以上です。
ここからは当院の考え方をお伝えします。

まず、病気というものの考え方です。
当院に通われている方にはお話していますが、病気というのは身体が治そうとした結果現れる現象です。
通常は症状を出さなくても対応できていますが、ストレスや疲労などが原因で免疫力が下がると症状を出して対応しようと動きます。

今回の新型コロナウィルスは感染力が強いと言われ、空気中や物に付着した状態での生存期間が長いという特徴があるようです。
今回の防疫対策は後手に回ってしまいましたので、世界中どこにいても感染のリスクはなくなりません。
特に日本国内はどこも同じような状況だと思います。

どこにいてもリスクがある以上、考えられる手段は感染を防ぐよりも、感染しても発症しない身体を作ることだと考えます。
上にも書いた通り、免疫力が下がると症状を出して対応しなければならなくなります。
これが発症した状態です。

目指すのは、免疫力がしっかりしていて発症させなくても対応できている状態を作っていくことだと思います。
意識するのは、
・生活の不摂生(睡眠不足など)をしないようにする
・不安に巻き込まれない
・できるだけ気持ちを軽く生活するように努める

これが最も大切なことだと考えています。
その状況を維持するために鍼灸治療などを活用していくことの意味があります。

不必要に不安にならず、正しく怖がる。
これが感染症に対して大切なことだと思います。

関連記事

〒350-0023
埼玉県川越市並木209-1 ユーネスト105
TEL:049-265-4190
Mail:onuki@har-mog.jp